"俊足俊太"による"俊足俊太"のための自己啓発ブログ

日々のインプットをコピーライティングしていく。

CEOひつじさんから学ぶことは僕の成長への架け橋となるか!?

 

 

ご覧の通り僕はCEOひつじ 這い上がる稼ぎ方の勝算 (@CEOhitsujl) | Twitterさんのツイートをそのまま完コピしたり、引用リツイートをしてコメントを残しています。

 

僕に足りない全てを兼ね備えているのが、顔も知らない、見たこともない、もちろん話をしたことのないCEOの方です。

 

そんな、ひつじさんのツイートがいつも勉強になるんですよね。

 

コピーの仕方、質問の仕方、自問自答…

 

これ、学校で教わったことありますか?

少なくとも、教わる内容ではないですよね?

 

だからみんな社会人になると苦労するんですよ。

それって学校教育にも関係してくるものだと思ってはいますが……

 

しかし、学校教育のせいにしたところで何も生まれません。

だからこそ、僕は今勉強しているんです。

 

SNSの使い方は『いかにモノマネの質を高めるか』にかかっている

 

TwitterInstagramfacebookのフォロワーや友達が多い人は、多くなるべくしてフォロワーが多くなっているんですよね。

 

その理由は『世の中のためになることを発信し続けているから』なんですよね。

 

この発信をするスキル、そしてTwitterであれば140字と言う文字数制限が決まっている中、不特定多数の人々に正確に、そしてわかりやすく説明しなければいけないんですよね。

 

そうしなければ人々は我々を認知すらしてもらえない。

だから、発信し続けるのです。

 

ちなみに、全世界の1日平均のツイート数をあなたはご存じですか?

 

実はこの答えは、5億件と言われています。

 

規模が大きすぎますよね!?

 

いくらフォロワーがいるとしてもその中から目につくようなツイート投稿をしていき、世に発信していがなければ我々はどんどん時代に置いてかれていきます。

 

むしろ、現時点でもかなり遅れています。

だからこそ、我々は世に発信し続けるのです。

 

ここで1つSNSの魅力を紹介しましょう。

 

僕が今最も魅力に感じていることは

 

SNSはは自然な姿を晒け出せる組織や、人々がS成長していくツール』

 

と、思っています。

 

実際にSNSで僕は野球に関すること、そして日々のインプットとしてメモ代わり自己啓発を高めるようにツイートを使っています。

 

 

本当は野球なら野球!

自己啓発なら自己啓発

 

分けた方が良いのかもしれませんが僕に今できることは

 

なりふり構わず真似をすること』

 

だと気付きました。

 

二足の草鞋を履く勢いでフォロワーの多い人に絡みに行き、僕の存在を知ってもらう。

 

そして、そこからいいねやリツイートをしてもらえればフォロワーにも認知されるんですよね。

 

だからこそ、CEOひつじ 這い上がる稼ぎ方の勝算 (@CEOhitsujl) | Twitterはこんな僕が誰だかわからない人に真似をされても一切嫌な対応せず、リツイートやいいねをしてくれるんです。

 

こんな環境って部活の先輩と後輩のような関係しか経験したことないのですが、持ちつ持たれつという関係がSNS上では出来上がっているんです!

 

こんなことあっていいんですかね?

 

でも、いいんです!

 

しかもひつじさんはこんなことも呟いてくれます。

 

僕がたまたま質問に関する引用リツイートをしたら必ず関係性のあるツイートをしてくれているのです。

 

まぁ、これは思い込みではあると思いますが、答えではなくヒントをくれるのです!

 

SNS上でコミュニケーションができてしまうこの魅力を最大限に使わないでいつ使うんですか!?

 

 

 

ひつじさんには今後もお世話になると思います。

 

どうすれば、僕が成長できるのか?

そして、僕が成長した先にここの組織がかなり成長を遂げているはずです。

 

 

ぜひ、皆さんこんな僕を少しでも応援してくれたら嬉しいです。

 

そのために僕は、フォローしている皆さんからどんどん『真似』をさせたいただきます!

 

今後ともよろしくお願いします!

 

 

 

 

noteも毎日更新しています!

はてなブログとは違って有料記事もありますが、

レーニング動画、フォーム分析、マインドセット、コンディショニングなど野球が上手くなるために必要な資料を取り揃えました!

 

興味のある方は是非是非ご覧ください!


⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎noteの記事はこちらから!⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

note ――つくる、つながる、とどける。