"俊足俊太"による"俊足俊太"のための自己啓発ブログ

日々のインプットをコピーライティングしていく。

隙間時間を制する者は人生を制する!『自己投資の手段の一つとは?』

今日伊藤がツイートした内容

 

 

 

 

 

こんばんは!

 

最近ブログを書くことよりも資料を作って声で発信する方がはまっているのですが、毎日ブログを更新する!

 

と、決めたからにはブログを更新していきます!

 

今までは、野球に関することだけを更新していましたが、最近多くの人に聞かれるんですよ。

 

『伊藤さんが野球好きなのはわかったからプライベートなことを教えろ』

 

って言われるんですよね笑

 

しかも、言われる人はSNS上の人であったり、昔の友人。

つまり、割と僕の認知度が少しは上がってきたのかなーという印象。

 

しかし、まだまだ満足はしないんですよ。

 

それは、まだ僕自身はもっとできると思っているからです。

 

では、何がもっとできるでしょうか?

 

隙間時間を無駄にしていないか?

f:id:itomatsu19:20181208204758j:image

僕はいつも全てのタスクが終わってから1時間トレーニングをする。

たとえ何時になろうとも。

 

 

 

 

 

今日あなたに伝えたいことは、隙間時間を見つけるスキルありますか?

 

という内容です。

 

隙間時間は正直にいうと人間誰しもがあります。

 

僕はこのスキルは長けていると思います。

 

だから、パソコンを捨てたんです。

 

パソコンでしかできない作業であれば、隙間時間ではなく作業時間を作らなければいけないからです。

 

ブログも隙間時間を使って書いています。

歩きながら(本当はダメ)書いている時もあります。

 

スマホで書くことでいつどこでもすぐに書けます。

しかし、パソコンであれば、パソコンを出して、開いて、立ち上げて、Wi-Fiをつないで……

 

ってやっていかなければならないためかなり面倒なんですよね。

 

その時点で集中力はかけていきます。

(ウィルパワー)

 

その時点で時間の無駄、だからこそ時間を増やすために僕が行なった投資はパソコンを捨てることだったんですね。

 

実際にパソコンを捨ててからは1日のタスクの処理スピードがかなり増しました。

だからやりたいことが全てやれるんです。

 

パソコンを使わなきゃいけないタスクは、パソコンを持っている人に任せればいいんですよね。

 

僕の場合ですとこの人です。

f:id:itomatsu19:20181208203711j:image

 

内野ゴロの捌き方は打球への入り方で決まる! - YouTube

 

知る人ぞ知る加瀬トレーナーですね。

 

組織ってそういうものですよね。

 

人それぞれ個性があり、長所がある、そして組織の中では下にいる人の成長が組織の伸び代になるわけですよね。

 

だからこそ、僕も頑張らないといけないわけですよ。

 

僕が頑張ることは?

 

今僕が頑張るべきことはとにかくSNSでの発信です。

 

だからうるさいくらいにツイートをする。

いくら叩かれてもツイートする。

ミュートされても関係ない。

どんな内容であろうと、資料を作り世に発信する。

 

そうすることで、どんどん売りこんでいきこれが営業活動になるのです。

 

守備では足を動かすことが超重要ですが、伊藤という存在を知ってもらうにはやはりSNSという名刺を引っさげてどんどん世に発信していくことなんですよね。

 

ってか、今の僕にはこれしかできません。

だからこそとことんハマる。

 

曜日を間違えるくらい一週間が早い。

(木曜日と水曜日を間違える)

 

だからこそ思うんですよね。

 

このままでは、僕は、今ある組織は成長しないと。

 

だからこそ、僕は動かなければいけません。

 

でも、周りの人々には言われますよ。

 

 

 

人生楽しそうだね

 

 

 

そりゃそうでしょう。

したいことしかしてないわけですからね笑

 

 

 

 

 

さて、明日は1日野球の練習をして、サッカー選手のトレーニングを見て、そのあとは銭湯です!

 

家に帰ってきたらビールを飲見ながらウイイレでもしようかな!

 

 

noteも毎日更新しています!

はてなブログとは違って有料記事もありますが、

レーニング動画、フォーム分析、マインドセット、コンディショニングなど多くの資料が集まっています!

興味のある方は是非是非ご覧ください!

 


⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎noteの記事はこちらから!⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

note ――つくる、つながる、とどける。

 

CEOひつじさんから学ぶことは僕の成長への架け橋となるか!?

 

 

ご覧の通り僕はCEOひつじ 這い上がる稼ぎ方の勝算 (@CEOhitsujl) | Twitterさんのツイートをそのまま完コピしたり、引用リツイートをしてコメントを残しています。

 

僕に足りない全てを兼ね備えているのが、顔も知らない、見たこともない、もちろん話をしたことのないCEOの方です。

 

そんな、ひつじさんのツイートがいつも勉強になるんですよね。

 

コピーの仕方、質問の仕方、自問自答…

 

これ、学校で教わったことありますか?

少なくとも、教わる内容ではないですよね?

 

だからみんな社会人になると苦労するんですよ。

それって学校教育にも関係してくるものだと思ってはいますが……

 

しかし、学校教育のせいにしたところで何も生まれません。

だからこそ、僕は今勉強しているんです。

 

SNSの使い方は『いかにモノマネの質を高めるか』にかかっている

 

TwitterInstagramfacebookのフォロワーや友達が多い人は、多くなるべくしてフォロワーが多くなっているんですよね。

 

その理由は『世の中のためになることを発信し続けているから』なんですよね。

 

この発信をするスキル、そしてTwitterであれば140字と言う文字数制限が決まっている中、不特定多数の人々に正確に、そしてわかりやすく説明しなければいけないんですよね。

 

そうしなければ人々は我々を認知すらしてもらえない。

だから、発信し続けるのです。

 

ちなみに、全世界の1日平均のツイート数をあなたはご存じですか?

 

実はこの答えは、5億件と言われています。

 

規模が大きすぎますよね!?

 

いくらフォロワーがいるとしてもその中から目につくようなツイート投稿をしていき、世に発信していがなければ我々はどんどん時代に置いてかれていきます。

 

むしろ、現時点でもかなり遅れています。

だからこそ、我々は世に発信し続けるのです。

 

ここで1つSNSの魅力を紹介しましょう。

 

僕が今最も魅力に感じていることは

 

SNSはは自然な姿を晒け出せる組織や、人々がS成長していくツール』

 

と、思っています。

 

実際にSNSで僕は野球に関すること、そして日々のインプットとしてメモ代わり自己啓発を高めるようにツイートを使っています。

 

 

本当は野球なら野球!

自己啓発なら自己啓発

 

分けた方が良いのかもしれませんが僕に今できることは

 

なりふり構わず真似をすること』

 

だと気付きました。

 

二足の草鞋を履く勢いでフォロワーの多い人に絡みに行き、僕の存在を知ってもらう。

 

そして、そこからいいねやリツイートをしてもらえればフォロワーにも認知されるんですよね。

 

だからこそ、CEOひつじ 這い上がる稼ぎ方の勝算 (@CEOhitsujl) | Twitterはこんな僕が誰だかわからない人に真似をされても一切嫌な対応せず、リツイートやいいねをしてくれるんです。

 

こんな環境って部活の先輩と後輩のような関係しか経験したことないのですが、持ちつ持たれつという関係がSNS上では出来上がっているんです!

 

こんなことあっていいんですかね?

 

でも、いいんです!

 

しかもひつじさんはこんなことも呟いてくれます。

 

僕がたまたま質問に関する引用リツイートをしたら必ず関係性のあるツイートをしてくれているのです。

 

まぁ、これは思い込みではあると思いますが、答えではなくヒントをくれるのです!

 

SNS上でコミュニケーションができてしまうこの魅力を最大限に使わないでいつ使うんですか!?

 

 

 

ひつじさんには今後もお世話になると思います。

 

どうすれば、僕が成長できるのか?

そして、僕が成長した先にここの組織がかなり成長を遂げているはずです。

 

 

ぜひ、皆さんこんな僕を少しでも応援してくれたら嬉しいです。

 

そのために僕は、フォローしている皆さんからどんどん『真似』をさせたいただきます!

 

今後ともよろしくお願いします!

 

 

 

 

noteも毎日更新しています!

はてなブログとは違って有料記事もありますが、

レーニング動画、フォーム分析、マインドセット、コンディショニングなど野球が上手くなるために必要な資料を取り揃えました!

 

興味のある方は是非是非ご覧ください!


⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎noteの記事はこちらから!⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

note ――つくる、つながる、とどける。

 

 

あなたはどのタイプ?サイエンス?トレーニング?マインド?それともセンス?

 

今回は昨日のつづきということで……

 

あなたはどのタイプに当てはまるのか軽く診断してみましょうか。

 

早速行きますね。

 

サイエンスタイプの特徴

  • 試合を観るのが好き
  • 物事を分析するのが好き
  • 勉強は嫌いだけど学ぶのは好き
  • 野球は上手くなりたいけど練習は嫌い
  • 練習サボりがち

 

動作の分析とかは好きだけど、練習は嫌いな人は多い。

実際に僕がこの傾向にあるので、まさに典型的なタイプです。

 

レーニングタイプの特徴

  • 鍛えるのが好き
  • 150km投げたい
  • ホームラン打ちたい
  • 采配にバントが少ない
  • 采配が合わないと活かされない

 

単純な性格で、上の指導者に恵まれるとかなり才能が恵まれるタイプ。

しかし、恵まれないととことん合わず、お互いにバチバチの関係になる。

 

マインドタイプの特徴

  • 数字が得意
  • 寡黙
  • 目標設定が明確
  • 小技が得意
  • セカンドに多い
  • 毒舌

 

頭の回転もはやく、一瞬の状況判断に長けている。

チームの司令塔になる選手ではあるが主役ではない。

僕はこの要素も実は高い。かも……

 

センスタイプの特徴

  • 何を考えているかわからない
  • 野球めっちゃうまい
  • 自主練30分
  • 勉強も意外とできる
  • 不調好調の壁がない。

 

ザ・センスというタイプ。

文武両道で、チームの主役には相応しいタイプ。

 

しかし、センスが故で野球をやってきたため1つの壁にかなり困惑する。

 

 

こんな感じが、僕の考える4つの項目の特徴です。

 

ちなみに、もちろん僕の偏見の塊なので100%をあてにしないでくださいね!笑

 

自分のタイプを知り、日々の練習に当てはめてみましょう!

 

 

 

noteも毎日更新しています!

はてなブログとは違って有料記事もありますが、

レーニング動画、フォーム分析、マインドセット、コンディショニングなど多くの資料が集まっています!


興味のある方は是非是非ご覧ください!


⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎noteの記事はこちらから!⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 https://note.mu/speedstar19

 

 

 

野球というスポーツの中で最も大切なものとは?

僕は野球が上手くなるために必要なことは何か?

 

を追求しているのですが……

 

すみません。

先に謝っておきます。

 

サイエンス

レーニン

マインド

センス

 

この4つをテーマとしていますが、やはり野球が上手くなるために必要なのは

 

"センス"なんですよ。

f:id:itomatsu19:20181205124912j:image

 

本当にすみませんね。(二度目)

 

ただし、1つ言いたいことがあります。

 

センスだけで上手くなっても先は見えています。

 

そう、伸び代はありません。

 

f:id:itomatsu19:20181205124927j:image

しかし、

 

サイエンス+トレーニング+マインド=センス

 

このスキルを身につけている選手は将来化けます。

 

そして、人間はこの4つの中でも必ず優れているものがあります。

 

僕は野球を分析するのが好きなのでサイエンスは優れていました。

 

マッチョな人、身体能力の高い人はレーニンのスキルが優れているかもしれません。

 

明確な目標がある人はマインドが高いのでしょう。

 

ただなんとなく野球ができてしまうなーって自覚をしてる人は一番危険です!

 

壁に当たった時何もできなくなります。

理由は、センスの塊だからです!

 

一番羨ましいですが、一番危険でもあります。

 

しかし、そんな選手と出会うのは1%くらいでしょう。

 

だからこそ、

 

サイエンス+トレーニング+マインドを組み合わせた選手を育成したいのですね。

 

そして、結果的にセンスが作られていく。

 

f:id:itomatsu19:20181205125034j:image

 

これを泥臭く言うと……

 

努力の天才

 

と言えるかもしれません。

 

ただ、がむしゃらにバットを振る。

ただ、がむしゃらにランニングをする。

 

このがむしゃらは実はセンスです。

 

そんな選手は多いかもしれませんが、このがむしゃらさに加えてサイエンス、トレーニング、マインドを手に入れればあなたはもう神がかった選手になれます。

 

だからこそ、このブログを読んで欲しいのですね。

 

もう一度言いますよ?

 

センスだけでやれる選手は1%です。

でも、そんな選手でも壁にぶち当たり、その時に崩壊します。

 

しかし、そこにサイエンス、トレーニング、マインドを組み合わせることができれば必ず上手くなります。

 

僕がそれを証明してきたので。

 

だからこそ!

あなたは今、行動すべきです!

 

 

 

明日は、自分は何が優れているの?

と言った適正を知るブログを書きますね!

 

ではでは〜!

 

 

 

 

 

noteも毎日更新しています!

はてなブログとは違って有料記事もありますが、

レーニング動画、フォーム分析、マインドセット、コンディショニングなど多くの資料が集まっています!

 


興味のある方は是非是非ご覧ください!

 


⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎noteの記事はこちらから!⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

俊足俊太|note

 

 

 

 

 

 

野球選手のオフシーズンの過ごし方

12月になりいよいよ本格的な師走ムードとなりましたが、この時期は野球人が一番成長する時期でもあります。

 

だからこそ!

 

だからこそ!トレーニングの量や強度を調整していかないといけないんですよね。

 

本格的に走る量が増えていき、ウエイトトレーニングが増えていくのがどこのチームも鉄板となります。

 

しかし、その中でもチームのテーマがあるのでオフシーズンといってもボールを使った練習をどんどんこなすチームも多いでしょう。

 

このオフシーズンの過ごし方は人それぞれ、チームそれぞれでもあるので目標、目的を持って望めると良いかもしれませんね。

 

俊太が考えるオフシーズンの過ごし方とは?

 

僕が考えるオフシーズンの過ごし方は『テーマ』を持つことです。

 

テーマとは毎年変わります。

例えば、去年は『身体の可動域を増やす方』と言ったテーマにしたため、圧倒的にストレッチの割合を増やしました。

 

そして、なぜ身体の可動域を増やした方が良いと思ったのか?

ここを知らないと、いけませんしここがオフシーズンのテーマとしては最終地点になります。

 

ちなみに僕の最終地点は『2018年は長打を増やすこと』にテーマを注ぎました。

長打を増やすためには打率が下がっても構わないとまで思っていたくらいです。

 

結果的に長打はかなり増えています。

f:id:itomatsu19:20181204133241p:image2018年
f:id:itomatsu19:20181204133237p:image2017年
f:id:itomatsu19:20181204133245p:image2014年

 

これらを見ると年々僕の長打は増えていることがわかりました。

 

2014年の成績を見ると、単打が多いのがわかるかとおもいます。

しかし、セーフティバント、内野安打だけで出塁しているので内野も外野も前進守備を敷いています。

 

だからこそ、僕に長打が加われば鬼に金棒な訳ですよ。

そして、実際今年はやってやりました!

 

打率は下がりましたし、出塁率も下がったので1番打者である自分の役割は長打ではないということを思い出したシーズンでもありました。

 

来年からは、まずは塁に出ること!をテーマにしていきたいと考えています。

f:id:itomatsu19:20181204133608j:image2018年
f:id:itomatsu19:20181204133604j:image2017年
f:id:itomatsu19:20181204133711j:image2014年

 

2018年オフシーズンのテーマ

 

先ほどもテーマを使っていましたが『塁に出ること』を目的としてオフシーズンはトレーニングを積みます。

 

そのためにはどうするのか?

ここを考えるとあるポイントにたどり着きました。

 

それは、スイングやフォームを変化させるのではなく『スピードを増やしていき、身体のキレを生み出し、内野手の間を抜けるような打球を打つこと』を心がけるオフシーズンにしようと考えました。

 

そのためにはゴロを打つことの再確認、そして、僕の最大の武器でもあるスピードをもっと上昇させていきたいというのがこのオフシーズンの狙いとなります。

 

テーマ:スピード

 

ちなみに内野安打を増やすことが目的ではありません。

間を抜く延長がヒット、ヒットの延長がホームランと言う感覚にしたいので、内野安打は最終手段です。

 

どの時に最終手段を選ぶのかというと『初回の先頭バッター』の時です。

 

先頭バッターって何十年間も続けていますが、いまだに緊張します。

だからこそ、その場面でベストパフォーマンスを発揮するには『自分のできる最大限ではなく最低限を貫こう!!』というスタイルを持っているからです。

 

そりゃあ、先頭バッターいきなりどかーんとホームラン打ったらすごいのでしょうが僕にはそんなスキルはありません。

だったら塁に出てちょこまかされた方が相手にとっては嫌なんですね。

 

だからこそ、塁に出ることを心掛けるようなシーズンにしたいのです。

だからこそ、よりスピードにこだわりたいわけですよ。

 

そのために必要なトレーニングを考えながらトレーニングしています。

 

あなたからのコメントがそのトレーニングの価値観を高めてくれるのです。

もし、あなたが誇りに思っているトレーニングがあったら是非コメント欄からコメントください!

 

さてさて、2019年3月にはどのような俊足になっているか!?ご期待下さい!

 

 

 

 

noteも毎日更新しています!

はてなブログとは違って有料記事もありますが、

レーニング動画、フォーム分析、マインドセット、コンディショニングなど多くの資料が集まっています!

 


興味のある方は是非是非ご覧ください!

 


⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎noteの記事はこちらから!⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

俊足俊太|note

身体の"キレ"が出ない理由とは?

誰しもが感じた事であるだろう、身体のキレ。

 

いや、キレだと定義が曖昧になる。

 

そのためここからは、身体のキレ=身体の重さ

 

こう定義づけて話を進めていきたいと思う。

 

身体のキレがない時の原因とは!?

f:id:itomatsu19:20181203101610j:image

身体が重い、キレがない、エンジンがかからない、足が動かない……

 

こんな経験をしたことある選手は多いのではないか。

 

だからこそ、こうなってしまった時の原因を知らないといけない。

 

選手である以上は……

 

その原因、あなたはなんだと思いますか?

 

色々なことが挙げられそうですよね。

 

 

多くのことが考えられるのではないかと思います。

 

しかし、必ずしもこれらが原因とは限らないかもしれません。

 

常に"常識を疑っていく"ことも大切になるためまずは、一旦常識からかけ離れてみる。

 

これは、日本人の苦手なことであるためこの考えができるか否かで、我々が世界で戦えるか否かと言ったスケールの話にもつながってくるのではないかと思います。

 

僕が疑った身体のキレ不足の原因とは!?

 

身体にキレがない=身体が重い。

 

こう定義付けているため、まず僕が行うべきことは身体にキレがない状態を作ることだと感じた。

 

そして、その中でどのような対策を打ち出し、どのような結果が出たのかを知る必要があった。

 

本当は数値に表したり、わかりやすくプレゼンするべきであるが、このブログは急遽思いついて書いた記事であるため僕の経験談となってしまう事をご理解いただきたい。

 

 

 

 

もちろん、僕にも身体のキレがないときはある。

いまだにある。

 

そんな時こそ僕は息が切れない程度の楽なペースで10分ジョギングをする。

 

すると不思議なことに、身体が温まるからか身体のキレが増す。

 

キレ=瞬発力系のイメージがあるかもしれないがなぜジョギングによって身体が軽くなる感覚があったのか。

 

実は、これはあるトレーニングと相関の関係があるのではないかと考えた。

 

乳酸をエネルギーに変えるLSDの魅力とは!?

 

有酸素運動で一番使われるエネルギー=ATPは、細胞の中のミトコンドリアで呼吸から得た「酸素」を使って作られています。このエネルギー供給システムは、「有酸素性代謝経路」と呼ばれるもので、いわば呼吸そのもの。

 

激しい運動を続けたり、加齢によってミトコンドリアの機能が弱まると、うまく働いていた酸素を消費するエネルギー生産機能が低下し、酸素を消費しない別のエネルギー供給システム(無酸素性代謝経路)を動員しなければならなくなり、その結果、乳酸が生み出されるという仕組みとなっています。

引用:乳酸は悪者?味方につけると「持久力のアップ」につながる乳酸との付き合い方 | RuntripMagazine[ラントリップマガジン]

 

上記の引用をまず理解してもらえると良い。

 

ハードなトレーニングや加齢によってミトコンドリア機能が低下することで酸素を身体中に運搬することが困難となります。

 

こうなることで、身体中に乳酸が溜まっていきます。

この乳酸が実は身体のキレをなくしていた犯人ではないかと僕は考えました。

 

だからこそ、LSDというトレーニングが役に立つのです。

 

LSDとはLong Slow Distanceの略称で、一定のスローペースで長時間走るトレーニング。初心者であれば、1km7−8分といったゆっくりとしたペースで1時間程度走るイメージです。また、中級者以上であれば少し強度を上げて、時間を短くする練習が効果的です。

引用:乳酸は悪者?味方につけると「持久力のアップ」につながる乳酸との付き合い方 | RuntripMagazine[ラントリップマガジン]

 

上記の通りゆっくりと会話ができるくらいのペースで走ることが大切です。

 

実際に試合前に1時間LSDに時間を割くことはできないため、10分〜20くらい個々人の差に任せて行うべきであるかと思います。

 

僕の場合ですと10分ほど行えば身体にはキレがかなり増してきます。

 

普段のトレーニングでも、身体のキレがないと感じた場合は一旦LSDのショートバージョンを行ってからスプリント系のトレーニングに映るようにします。

 

我々野球人は身体のことを把握しておかなければいざという時にベストプレーを出すことができなくなる恐れがあります。

 

しかし、このいざという時にベストに近い形にコンディションを持っていける選手は一流と言えるでしょう。

 

だからこそ、ぜひ今回の10分LSDの存在を知っておいてもらいたいと思います。

 

レッツトライ!

 

 

 

 

noteも毎日更新しています!

はてなブログとは違って有料記事もありますが、

レーニング動画、フォーム分析、マインドセット、コンディショニングなど多くの資料が集まっています!

 


興味のある方は是非是非ご覧ください!

 


⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎noteの記事はこちらから!⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 俊足俊太|note

まだ三合飯とかやってるの!?

オフシーズンですねぇ〜

 

一番好きな季節はこの冬。

サッカーやってて一番好きな季節はこの冬。

スノボーやってて一番好きな季節はこの冬。

 

ってか、スノボーは冬しかできないか。

 

サッカーは寒い中やる方が高校サッカーっぽくていい。

 

じゃあ…………

 

野球は?

 

野球は冬じゃなくて夏にやるものですよね。

 

ただ1つ言えることは、甲子園は見てておもろいけどプレーヤーとしていきたいとは思わないんですよね。

 

(はい、ここ批判するとこですよ)

 

でも、指導者として、もしくは観客として甲子園に観にいくのであれば全然ウェルカムです。

 

ただ、ここで一つ言ってくる人がいるんですよね。

 

「甲子園に行ったことないお前がどーやって甲子園連れて行くんだ」

 

って…

(うん、最近ようやく批判もされるようになってきたから成長してきた証かな)

 

ん〜じゃあ甲子園行った学校の真似すれば甲子園にいけるんですか?

って話になるんですよね。

 

捻くれた僕の考えであれば。

邪道で勝負したいんですよね。

 

邪道で!

邪道で!

邪道で!

 

はい、三回言いましたが………

 

どこの強豪校がやってる風物詩的なものといえばなんだと思います?

 

そう、タイトルにも書いてある通り『三合飯』弁当

 

この存在が僕の中ではまずポンコツ制度です。

 

だって、白米と肉とふりかけとって……

 

目的は?

 

なんで?

 

いつまで?

 

どうやって?

 

指導者の皆様へ……

 

僕は言いたいです。

 

飯を変えることは才能ですよね。

 

僕も食は細いです。

 

確かに食べれる選手は強いですね。

 

しかし、考えて欲しいことがあります。

 

選手ファースト

 

で考えてますか?

 

卒業後、進路先、この先めちゃめちゃ長い人生。

 

そのことも考えてますか?

 

ただ食わせるだけ。

 

じゃなくて、目的や意図を持って食事について考えていますか?

 

まぁ、栄養に疎い僕が言うのも説得力がないので、邪道勝負で行きたい僕は、今誓いましょう。

 

2018年も残り1ヶ月。

 

栄養に関することのテーマを3つ作る約束をしましょう。

 

選手たちには、食事をする上でこの3つだけは絶対に意識をしてから食べろ!

 

と、言うスタイルを築き上げていきます。

 

 

 

 

 

一回表ノーアウトランナー1塁

 

ホームランのサインでも出そうかな〜

 

って言ってホームランを打つチーム

 

高校時代に対戦した東海大相模の渡辺(中日)、田中俊太(巨人)

 

この二人にまさにこのことをやられたことが懐かしい………

 

 

 

 

 

noteも毎日更新しています!

はてなブログとは違って有料記事もありますが、

レーニング動画、フォーム分析、マインドセット、コンディショニングなど多くの資料が集まっています!

 


興味のある方は是非是非ご覧ください!

 


⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎noteの記事はこちらから!⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 https://note.mu/speedstar19